2011年06月26日

SUPER 8

「SUPER 8」
★★☆☆☆
(2011 東宝・鑑賞:TOHOシネマズ西宮OS)

ETと被ったとしても、
もうちょっとクリーチャーが可愛ければ
雰囲気も大分違ったのだが。。

ターゲットが子どもなければ大人でもなく、
ファミリーでもなく・・・どういう人たち向けに
作られた作品なのか分からない。

予告の魅力は大きいが、観た後の印象は迫力の割に薄い。

続きを読む
posted by NUMA at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★☆☆☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

プリンセストヨトミ

「プリンセストヨトミ」
★★☆☆☆
(2011 東宝・鑑賞:OSシネマズミント神戸)

話が面白い映画は、ぶっとんだ設定があったとしても
映画なのだからまぁ・・・と考えることすらない。
ただこれは映画なのだから・・・と割り切っても納得しきれない。

山場が大した山場にもならず、淡々と物語が進む。
超面白い題材にも関わらず、全く生かしきれていない。

話上、無意味なシーンや設定が多すぎて
個性的なキャラクタも大人数のエキストラも活きてこない。


ただ、綾瀬はるかは可愛い。

続きを読む
posted by NUMA at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★☆☆☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

星を追う子ども

「星を追う子ども」
★★☆☆☆
(2011 東宝・鑑賞:109シネマズHAT神戸)

繊細な描写はさすが。

前知識がなかったので、
冒頭で描かれた日常の描写から
いきなりファンタジーが現れた瞬間は衝撃的だった。

だがそれ以降は壮大な物語なのに淡々と進み、
やたら宗教的な方向へシフトしていく。

何となくどこかでみたジブリらしさも相まって
映画に入り込むことはできなかった。続きを読む
posted by NUMA at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★☆☆☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

SP 革命篇

「SP 革命篇」
★★☆☆☆
(2011 東宝・鑑賞:109シネマズHAT神戸)

これまでの謎の人物達が呆気なく退場し、
新たな謎を残して終わり。。。とても
最終回にふさわしいとは思えない。

ドラマのラストから映画第1作から期待を存分に
高めておいて、この結末はお話がチープすぎる。
事件を起こす側の人物たちに感情移入できないので、
重厚な仕上がりにはなれない。


ただ部分的には良いシーン、格好いいシーンも多々。
国会議事堂内部の描写等、美術もとても素晴らしい。
アクションに関しては野望編の方が派手で楽しめるが、
こちらもなかなか。俳優さんも頑張っている。

お話が悪い。


「SP 野望篇」の記事

続きを読む
posted by NUMA at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★☆☆☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」
★★☆☆☆
(2010 WB・鑑賞:OSシネマズミント神戸)

第1作の雰囲気からは信じられないほど
終始重苦しいムードが漂い、暗い。

話の進展がほとんどなく、退屈。

シリーズは一応全作見ているはずだが、
特にファンというわけではなく予習もしていないので
未だに誰だっけ?というキャラクター多い。

単なるシリーズの繋ぎ・・・かな。続きを読む
posted by NUMA at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★☆☆☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

インシテミル 7日間のデス・ゲーム

「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」
★★☆☆☆
(2010 WB・鑑賞:シネマサンシャイン平和島)

ハラハラもドキドキもしない。

何かを訴えるでもなく、
観ている瞬間にすこぶる興奮するわけでもない。
観客の予想を裏切るほどの仕掛けがあるわけでもない。

意味のない伏線、平坦なストーリー。
何のための映画なのか分からない。
続きを読む
posted by NUMA at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★☆☆☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!

「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」
★★☆☆☆
(2010 東宝・鑑賞:シネマサンシャイン平和島)

楽しみにしていたお馴染みのタイトルバックがなし。

オープニングからしてテイストを崩してきたので
アレッという感じがしたが、アクセントかと思いつつ
まさか全体的にテイストを外してるとは思わなかった。

暗くて楽しくない。これまでとテイストが違いすぎる。

雰囲気が暗いので小ネタがあっても楽しめない。
いや、小ネタ自体が笑えない程度なのか。


狙いとしては7年間の歳月を感じさせたかったのかもしれないが
観客が見たいエンターティメントとは乖離している。
観客が期待しているのは「水戸黄門」然り、「TRICK」然りのマンネリだ。

1「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!」
2「事件は会議室で起きてるの!」
3・・・なし。


残念ながらスピンオフ含めて、シリーズいち面白くない。

続きを読む
posted by NUMA at 23:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★☆☆☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

NINE

「NINE」
★★☆☆☆
(2010 松竹・鑑賞:シネマサンシャイン平和島)

何のための映画化なのか分からない。
舞台は見てみたい。

映画は総合芸術。
音楽や踊りだけが良くても成り立たない。

個々の音楽や俳優は素晴らしいんだけど、
合わさるとバラバラ。

続きを読む
posted by NUMA at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★☆☆☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010

「仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010」
★★☆☆☆
(2009 東映・鑑賞:品川プリンスシネマ)

ディケイド編はこの上ないほど酷い。
シリーズとしても破綻しているが
一映画としても、より破綻している。

無理やりな蛇足企画感が否めず、
「何のために作るのか」が分からない。
・・・商業目的なんだろうけど。

同じヒーロー物の「ウルトラ銀河伝説」と
同時期公開なだけに質の差が目立つ。

W(ダブル)編が良いのが救い。

続きを読む
posted by NUMA at 14:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★☆☆☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

Disney'sクリスマス・キャロル

「Disney'sクリスマス・キャロル」
★★☆☆☆
(2009 ディズニー・鑑賞:TOHOシネマズ川崎)

3D鑑賞だったので、空を駆け抜けるシーンは
後ろに駆け抜ける雪もあって気持ちよかった。

家族で楽しく・・・というわけにはいかない教訓めいた話だが、
映画館という枠を超えてディズニーランドの
1つのアトラクションを体感しているような感覚に陥る。

3Dじゃなくても良い映画なのかと言われれば疑問だけど、
3D前提に作られている作品なのでこういう感想でいいかとw


上映前についていたアバターの3D映像は圧巻だった。
アバターも是非3Dで観たい。できればImaxで。
続きを読む
posted by NUMA at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画感想 [★★☆☆☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

カムイ外伝

「カムイ外伝」
★★☆☆☆
(2009 松竹・鑑賞:シネマサンシャイン衣山)

重力を無視したアクションにはどうしても抵抗がある。
「HERO/英雄」みたいに幻想世界を演出してくれれば別だが。。

キャストとスタッフには一流が集まっているのに
それが集合するとなんでこんなになってしまうのか残念。

正直、ラストの殺陣シーン以外見どころはない。

ナレーションから切なさを伝えようとしていることは
"理解"はできるが、感じることはできない。

続きを読む
posted by NUMA at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★☆☆☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

MW ムウ

「MW ムウ」
★★☆☆☆
(2009 GAGA USEN 鑑賞:平和島シネマサンシャイン)

オープニングは長いけどよかった。

見たとき、その一瞬が面白ければ
それでいいのかもしれないけれど、
後々記憶に残ってもう1度みたいと
思わせてくれる映画ではない。

フォルムにばかりこだわって、
何をやりたいのか分からない。
メッセージ性を感じない。

見た目が格好良ければそれでいい?

続きを読む
posted by NUMA at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★☆☆☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

ラスト・ブラッド

「ラスト・ブラッド」
★★☆☆☆
(2009 アスミックエース 鑑賞:平和島シネマサンシャイン)

原作「BLOOD THE LAST VAMPIRE」も好きだし、
チョン・ジヒョン(ハリウッド名Gianna)も好きだ。

小雪は出番少ないが妖艶な姿がいい。
セーラー服のチョン・ジヒョンも、日本語のセリフが
吹き替えのような気がしたが・・・可愛くていい。


ドラゴンボールよりはいい出来だが、
オリジナルほどの深みはなく、
話もアクションも目新しいものはない。
チープさだけが目に付いてしまう。
予告編だけでもB級さにあふれているが、予想通り。

久々に大々的に宣伝されているB級映画を見た。

続きを読む
posted by NUMA at 01:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画感想 [★★☆☆☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

ドラゴンボール EVOLUTION

「DRAGONBALL EVOLUTION」
★★☆☆☆
(2009 20thFOX・鑑賞:TOHOシネマズ六本木ヒルズ)

ドラゴンボール原作の全てのエピソードを、、
ピッコロ大魔王編を軸として、ブルマとの出会いから
ピラフとか悟飯のハイスクール生活などなど、
色んな要素を90分にまとめたらこんなになりました!!

という感じ。ちょっと原作よりマジメ。


"見た目"という点では原作に忠実なヤッターマンに対して
大きく隔たりがあるが、"ストーリー"という点に関しては
映画オリジナルなヤッターマンに対してドラゴンボールは
原作の"キー"を押さえながら忠実に構成されている。

元と全然違うとの批判は多いが、ドラゴンボールを原作に
忠実に映像化したらギャグに終始してしまいそうなので、
こういう形がベターなのかと思う。

正直、思っていたほど酷くなくてよかったですw
続きを読む
posted by NUMA at 00:53 | Comment(2) | TrackBack(1) | 映画感想 [★★☆☆☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

20世紀少年 <第2章> 最後の希望

「20世紀少年 <第2章> 最後の希望」
★★☆☆☆
(2009 東宝・鑑賞:平和島シネマサンシャイン)

内容の割にインパクトに欠ける。

映像が派手でいいが、派手すぎやしないか。
人類が壊滅状態なのに全然そう感じないのはなぜか。。


話急ぎすぎて置いてきぼりにされた感覚がある。

それでも一見はしておきたい。これ見ないと、次分からないし。
続きを読む
posted by NUMA at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★☆☆☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

地球が静止する日

「地球が静止する日」
★★☆☆☆
(2008 20th・鑑賞:平和島シネマサンシャイン)

時代に合っているのか、反しているのか分からない。

人を迫力で驚かすだけのSF映画が多い中、
訴えるものをしっかりもった作品を作るというのは、
例えリメイクであったとしても素晴らしいこと。
だけど、魅力がなければ意味をなさない。

現代であるが故に、テーマが"戦争"と"エコ"に分散してしまった感がある。
"それなり"でしかないのが残念。


で、ですね。

<以下ネタバレ注意>

続きを読む
posted by NUMA at 01:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★☆☆☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

ホームレス中学生

「ホームレス中学生」
★★☆☆☆
(2008 東宝・鑑賞:OSシネマズミント神戸)

題材以外は派手さのない地味な映画。

感動はあるけれど、余韻に残るものではなく、
もう1度見たいとか、人に薦めたいとか
そういうものは湧いてこない。が、

派手なメジャー配給作品が多い中、
日常的なアットホーム系作品をたまにみるのも
いいかもしれない。

ホームレス中学生が日常的・・・違うかw
でも、雰囲気は日常的。

続きを読む
posted by NUMA at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画感想 [★★☆☆☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

20世紀少年

「20世紀少年」
★★☆☆☆
(2008 東宝・鑑賞:シネモザイク)

堤監督(「トリック」「池袋ウエストゲートパーク」など)
らしさがない無難な出来。カルト教団なんて得意分野だろうに、
安っぽくて現実味を感じられない。。政治団体も然り。

いい役者を揃えているにもか関わらず、
注意散漫で良さがみえてこない。
芯を感じたのは常盤貴子くらい。


ちゃんと3作見てから再び感想を書く方がいいのかな?
規模がでかい割に掴みとしては、ちょい弱い。


長くて腰が痛かった。


続きを読む
posted by NUMA at 01:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★☆☆☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

スカイ・クロラ

「スカイ・クロラ」
★★☆☆☆
(2008 WB・鑑賞:OSシネマズミント神戸)

見てよかったとは思う。
作品の奥深さも感じる。

でも好きではないなー。

この奥深さ伝えるために、こんな
回りくどい手法で表現する必要性があるのかが疑問。

戦闘シーンは凄い。



posted by NUMA at 00:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★☆☆☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

崖の上のポニョ

今さらですかという感じかもしれないけどw


「崖の上のポニョ」
★★☆☆☆
(2008 東宝・鑑賞:OSシネマズミント神戸)

一見、可愛くて楽しい少年と少女の物語に見えるが、
作品に散りばめられた個々の事象は、
とても子どもが見るような作品には思えない
死と隣り合わせのシュールさを秘めている。

超ゆるい感じで超重い。


でも、眠かったです。


近年の大作映画で見たことがないほどの
エンドクレジットの短さにも注目。
posted by NUMA at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★☆☆☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。