2011年04月03日

オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー

「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」
★★★★☆
(2011 東映・鑑賞:109シネマズHAT神戸)

仮面ライダー40周年記念作。

シリアスな路線で無理やり全ての仮面ライダーを活躍させようと
頑張った平成ライダー10周年のディケイドは、正直面白くなかった。
その反省を生かしてか、本作は子ども目線。

シナリオの破たんとか、かなりの悪ふざけも多いが、
子ども目線でみればとても楽しめる。今の子ども達だけじゃなく
仮面ライダーを見て育ったかつての子ども達もきっと。

仮面ライダーっていうのは、いつの時代も
日本男子のヒーローなんだなと思える作品。
(フィーチャリングされているのは、オーズ、電王、1号、2号の4ライダーだけど)


まぁ、端からいないと思うが、
"この映画で初めて仮面ライダー観ました"
なんて人には最初から最後まで?でしょう。
そういう意味では、"映画"として破綻しすぎかも。


どうでもいいけど、ショッカーとアルマーニのマークが・・・似てる。

posted by NUMA at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★★★☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。