2010年07月21日

借りぐらしのアリエッティ

「借りぐらしのアリエッティ」
★★★★☆
(2010 東宝・鑑賞:シネマサンシャインエミフルMASAKI)

起承転結、序破急のパターンに囚われないストーリー。
期待作にもかかわらず、観客に媚びず、
万人受けを狙わないジブリブランドによって成せる作品。

しかし随所に見られる日本アニメらしいリアリティと
自然への畏敬の念は感じられる。

楽しいよりきれい。面白いより心地よい。
遊園地じゃなくて休日のカフェみたいな映画。





posted by NUMA at 23:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★★★☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
現代美術館のアリエッティ展がすごい良かったですよっ!!!
Posted by イスタ at 2010年07月24日 00:49
>イスタ
近いうちに行ってきます!
Posted by NUMA at 2010年07月24日 16:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。