2011年04月23日

阪急電車 片道15分の奇跡


「阪急電車 片道15分の奇跡」

★★★★☆
(2011 東宝・鑑賞:OSシネマズミント神戸)

毎日乗っている小さな空間・電車。

大勢の人が乗っているのに、隣の人がどこの誰だかも分からない。
でも当り前ながらそこには1人1人違った物語がある。

阪急今津線を中心に、そこに乗り合わせる様々な人々を描く群像劇。

若手からベテランまで豪華な俳優陣なんだけど
ごくごく素朴に、自然な街の人々に感じる。
(そこが凄いところなんでしょう)

人間が好きになれたり、明日へ向かっての希望が持てたり、
心が優しく・暖かくなれる映画です。


時間に追われて駅に走ったり、
電車の中でひたすら携帯いじったり、
そんな生活がなんだかもったいないなーと感じる。



続きを読む
posted by NUMA at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★★★☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー

「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」
★★★★☆
(2011 東映・鑑賞:109シネマズHAT神戸)

仮面ライダー40周年記念作。

シリアスな路線で無理やり全ての仮面ライダーを活躍させようと
頑張った平成ライダー10周年のディケイドは、正直面白くなかった。
その反省を生かしてか、本作は子ども目線。

シナリオの破たんとか、かなりの悪ふざけも多いが、
子ども目線でみればとても楽しめる。今の子ども達だけじゃなく
仮面ライダーを見て育ったかつての子ども達もきっと。

仮面ライダーっていうのは、いつの時代も
日本男子のヒーローなんだなと思える作品。
(フィーチャリングされているのは、オーズ、電王、1号、2号の4ライダーだけど)


まぁ、端からいないと思うが、
"この映画で初めて仮面ライダー観ました"
なんて人には最初から最後まで?でしょう。
そういう意味では、"映画"として破綻しすぎかも。

続きを読む
posted by NUMA at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★★★☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。