2010年10月29日

桜田門外ノ変

「桜田門外ノ変」
★★★★☆
(2010 東映・鑑賞:シネマサンシャイン平和島)

派手でスカッとするような映画ではなく、
硬派でまじめな歴史作品。

意見が食い違うだけで、
未来を案じているのはみんな同じ。
人の上に立つ者は批判に晒されるもの。
それは昔も今も変わらないのかな。と思う。

桜田門外ノ変の事件シーンが話の前半にあり、
その後の話が淡々と進んでいく。
華々しくはないが、面白くなくはない。
続きを読む
posted by NUMA at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★★★☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

インシテミル 7日間のデス・ゲーム

「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」
★★☆☆☆
(2010 WB・鑑賞:シネマサンシャイン平和島)

ハラハラもドキドキもしない。

何かを訴えるでもなく、
観ている瞬間にすこぶる興奮するわけでもない。
観客の予想を裏切るほどの仕掛けがあるわけでもない。

意味のない伏線、平坦なストーリー。
何のための映画なのか分からない。
続きを読む
posted by NUMA at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★☆☆☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

美女と野獣 ディズニーデジタル3D

「美女と野獣 ディズニーデジタル3D」
★★★★★
(2010 ディズニー・鑑賞:品川プリンスシネマ)

まるで飛び出す絵本を見ているような感覚。
セルアニメの3Dも味があっていいものだ。

1991年のオリジナルはもちろん劇場で見れていなので、
「美女と野獣」を映画館で見るのは初めてですが、
名曲の数々と共に繰り広げられるハラハラドキドキに
見事、ディズニーマジックにかけられました。

続きを読む
posted by NUMA at 00:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★★★★] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。