2007年02月22日

バブルへGO!!タイムマシンはドラム式

「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」
★★★★☆
(2007 東宝・鑑賞:衣山シネマサンシャイン)

何も考えずに楽しめる。
あの頃の日本は、違う世界のようだ。

ストーリーの粗がある。だけどその方が
荒唐無稽でおもしろい。そんなタイプの映画です。
5つ星はないけど、4つ星ならいいかな・・・みたいな。

やはり、タイムマシンものに外れはない。

企業名が実名でいっぱい登場する。○通さんの仕業による
タイアップだろうけど、逆に親近感が沸いていい効果を生み出してます。


バブル期の就職活動を描いた映画「就職戦線異状なし」
思い出した。今就職活動をやっている学生に見せてみたいな。
人事が学生に車をプレゼントする、、そんな就職活動もあったんだ。。。
posted by NUMA at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★★★☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

未熟

今日は、30万以上買い物してしまいました。。。

新しいパソコンやスーツやその他いろいろ。

dynabookとLet's noteで迷いましたが、
結局またdynabookです。Core2Duo。


さて。これ以降は自己満足の投稿ですw


以下、近々の完成を目安にやってきたことについての反省。
posted by NUMA at 23:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | 私生活な話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

牡蠣BBQ

昨日卒論発表も終わったということで、
打ち上げ(?)でレインボーハイランドへ
2月のバーベキューしてきました。

研究室の友人の実家から牡蠣を送っていただいて
豪華食材のバーベキュー♪

kaki.jpg

新鮮な牡蠣はやっぱスーパーのとは違う手(チョキ)

kaki2.jpg

posted by NUMA at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私生活な話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

となり町戦争

「となり町戦争」
★★☆☆☆
(2007 角川ヘラルド・鑑賞:大街道シネマサンシャイン)

どこかおかしい世の中。戦争。

身近な日本の町を舞台にすることで
それによってリアリティを。。。出せていない。

ストーリーの流れはおもしろい。
他の国には作れない。日本人だから作れる映画なのかもしれない。

最近「それでもボクはやっていない」を観たから
比較してしまうとダメかな。。。

でもある程度社会へのメッセージを込めながらの
エンターティメントには仕上がっています。
観やすいといえば観やすいのかな。
posted by NUMA at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★☆☆☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

どろろ

「どろろ」
★★★☆☆
(2007 東宝・鑑賞:衣山シネマサンシャイン)


無国籍という設定。美術が無国籍なのまでは許せる。
しかし、音楽まで統一性がない。。。
音楽が無国籍じゃまとまらない。

戦闘シーンもカットごとにはとてもいいシーンがあるのに
無駄なシーンも入っているので全体としての印象が
チャチくなる。魔物との戦闘シーンよりも人間同士の戦いに
迫力が感じられるのは生きた役者の力かな。
アクションに対してゲームレベルかそれ以下のCGが気になる。
着ぐるみ特撮もありましたが、、、
観客に着ぐるみだと分からせちゃ駄目だよw

原作の勢いに、映画が負けている。
原作がいい。というのは大抵映画化の常だが、
小手先のカメラワークやスケールでごまかしても仕方がない。

俳優の演技は好きですが、期待以下。
posted by NUMA at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★★☆☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

それでもボクはやってない

「それでもボクはやってない」
★★★★★
(2007 東宝・鑑賞:衣山シネマサンシャイン)

おいおいそんなことで訴えるのかよ。すげぇなアメリカ人。
テレビでよく、海外の裁判事情をみる。滑稽にみえた。

だけど日本の裁判事情は笑えないほどに、より滑稽だ。


日本の裁判制度の問題を淡々と描く。
これで眠気を誘わないのだからさすがだ。おもしろい。
ラストも納得してしまう。


これは周防監督だからこそ成せる映画。
技量的にもそうだし、知名度的にも。
無名の監督が撮っても観客が入らないので意味がない。
多くの人に見てもらい、そして考えてもらうことで目的が達成される。

ということで、観ましょうww


女子高生は痴漢に怯え、
サラリーマンは痴漢冤罪に怯える。

そんな日本。裁判も滑稽だが、社会全体、滑稽だ。
posted by NUMA at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★★★★] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

あなたを忘れない

「あなたを忘れない」
★★★☆☆
(2007 ソニーピクチャーズ・鑑賞:衣山シネマサンシャイン)

2001年1月26日、JR新久保駅のホームから転落した男性を
助けようとして亡くなった韓国人留学生イ・スヒョンさんの
実話を元にした日韓合作映画。

映画としての出来はともかく、
この作品は存在していることに意味がある。

事実を正確に伝えるドキュメンタリー映画ではない。
あくまでも映画自体はフィクションではある。
しかし、自らの命によって隣国同士の橋渡しの一役を、
彼が担ってくれたことは間違いない。
その役目を持つ作品として、この映画には意味がある。

彼自身、まさかこういう映画が作られることは
予想だにしていなかっただろうが。

少し・・・無理に感動させようという
意図が伝わってくるのが残念。
posted by NUMA at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★★☆☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

鉄コン筋クリート

1月、映画1本も観れなかった!?
上映終了ギリギリで↓観てきました。


「鉄コン筋クリート」
★★★★☆
(2007 アスミックエース・鑑賞:衣山シネマサンシャイン)

ほのぼのと残虐性が同居した良作。

2Dアニメの中のCGはこうやって使うもんだ!!
これまでの2Dアニメの中のCGと違って、全く違和感がない。
日本から世界に広がったアニメが、
再び海外の才能を引き連れて日本に戻ってきた。って感じ。

ストーリーのほうはハードな精神哲学系なので
子どもにはちょっときつい。
ジャニーズ目当ての女の子にも多分ちょっときつい。

おもしろいけどね。ちょっとグダグダ長い。

蒼井優の声もいい。
posted by NUMA at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 [★★★★☆] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

おわったー

ひとまず修論が終わりました。
ネタはいろいろあるけど連飲みで眠いので寝ます。

とりあえずブログ再開します宣言w
posted by NUMA at 03:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 研究の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。